労働どっとネット > 未払い賃金請求 > 時効期間が過ぎてしまったら

時効期間が過ぎてしまったら

請求するかどうか悩んでいる間に時効期間が過ぎてしまったような場合、法律的には、会社は時効を援用して支払を拒むことができます。しかし、納得できない理由がある場合、会社と交渉してみる価値はあります。

スポンサーリンク

Step1 時効期間が過ぎてしまったら

賃金未払い分があるということを会社側が承認した場合、時効は中断し、請求することができます。そのような場合は、後日、争いにならないように、その証拠として、会社の責任者に賃金未払い分の承諾書を書いてもらいましょう。

支払請求権が時効よって消滅していても、賃金不払いなどが明らかになった場合、会社は労働基準法違反に問われ、刑事罰などを受けることになりますので、支払ってくれない場合は労働基準監督署に申立や通告する。という気持ちでいることを匂わせて交渉しましょう。

時効というのは、援用しなくてもいいものですので、会社側は時効が成立したからといって、絶対にあなたに支払ってはいけないわけではないのです。会社側に支払えません。といわれ、うまく交渉にもっていくことができなかったら、内容証明郵便で、その旨を伝えてもいいかと思います。

(参考:内容証明研究会・時効について

今すぐ相談する!

関連リンク

給与・残業代請求方法

ボーナス請求方法

退職金請求方法

時効が過ぎてしまっても

会社倒産時の賃金確保

会社倒産の種類

国の賃金立替払制度

給料が支払われません?

残業代は出ないと言われた

残業代がカットされました

自己都合の退職金カット

賞与支給日に在籍してない

新聞掲載Q&A(サービス残業)

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon