労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 懲戒処分や解雇 > 解雇予告手当て

解雇予告手当てと解雇予告期間について

解雇予告は、いつまでに?解雇予告手当てを請求しましょう

解雇されそうなときや、不当解雇を通告された場合の対処方法・会社との戦い方については、不当解雇の対処法へ!

スポンサーリンク

Step1 解雇予告はいつまでに?

労働者を解雇する場合は少なくとも、30日以上前に労働者に対して解雇通知をしなければなりません。期間定めのある契約などについては、この限りではないので、こちらの、労働契約期間とその終了についても参考にしてください

<<例外>>

内容証明作成の相談は今すぐ!

Step2 解雇予告手当ての金額計算

解雇予告手当て = 平均賃金 × (30日-解雇予告期間)

起算日:解雇予告日の翌日

<<例>>

※ある一定のプロジェクトなどのために期間定めのある労働契約をした場合、解雇予告は3ヶ月前にしなければならず、解雇予告手当ても3か月分要求することができる場合があります。(民法)

内容証明作成の相談は今すぐ!

Step3 パート,アルバイト,派遣社員の解雇予告手当

パートやアルバイト、派遣社員でも、解雇予告手当てをもらうことができます。

でも、以下の場合はもらえません。

内容証明作成の相談は今すぐ!

Step4 解雇予告手当てを確実に貰うためには?

解雇されても、解雇予告手当てをもらえない人が多くいます。なぜなら、会社が解雇したことを認めないのです!(即時解雇したにも関わらず、解雇予告手当てを請求すると、会社はどういう態度に出るのか?以下に例をあげます)

これらの場合、労働基準監督署へ申告しても、解雇された証拠がないということで、なかなか、動いてくれません。請求したいなら、裁判上の請求を・・・と、言われてしまいます。

確実にもらうためには

解雇予告手当てのことは、一切言わずに、解雇通告書(解雇予告された日、解雇日を書いてもらう)を貰っておきましょう。これをもらってから、内容証明郵便で請求しましょう。(ついでにサービス残業代や退職金なども)

内容証明作成の相談は今すぐ!

関連リンク

不当解雇の対処法

解雇ルール。整理解雇や懲戒解雇などの条件

懲戒処分(減給降格等)

☆労働基準法個別解説一覧☆

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼人気記事
 アクセスランキングTOP10

産休(産前産後休暇)について

残業代・時間外労働について

解雇予告期間と解雇予告手当て

労働基準法わかりやすく逐条解説
第1章 総則(労働条件の原則、決定、均等待遇、賃金、禁止事項、ことばの定義)

労働時間決まりごと

現場へ直行直帰の労働時間の判断基準

育休(育児休暇・育児休業)の決まりごと。~育児介護休業法

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日)

賃金(給与・給料)の原則、緊急時請求

労働基準法わかりやすく逐条解説
第4章 労働時間、休憩、休日、年次有給休暇

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ

amazonで購入する