労働どっとネット > それぞれの権利義務 > 株主、社長、労働者の関係

間違えやすい株主、社長、労働者の関係

株主、社長(経営者)、従業員(労働者)の権利と義務を知るために、まずは、その関係を整理してみましょう。

スポンサーリンク

Step1 株主と社長と従業員の関係

有限会社や株式会社では、資本を出した出資者が株主となり、社長や副社長などは取締役として、役員(経営者)になります。

また、普通、一般的には従業員のことを社員といいますが、法律上では、出資者(株主)のことを『社員』とよび、従業員は労働者であって、『社員』ではありません

金銭・財産面で考えたら、会社は『株主(社員)』のものであり、

経営面・運営面で考えたら、会社は『経営者(役員)』のものです。

もちろん、社会的に、会社は雇用を創出し従業員やそのサービスを受ける社会の為に存在していると言えなくもないのですが、法的に、会社に対し、労働者が『何か』を求めていくときは、自分の立場と権利・義務をよく把握した上で主張していくことが必要です。

>>労働者の権利

今すぐ相談する!

関連リンク
 

株主・社長・労働者の関係

株主の権利義務

経営者の権利義務

労働者の権利義務

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon