労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 労働時間 > 労働時間の決まりごと

労働時間決まりごと。

労働時間についての決まり事。
給料を支払えば長時間働かせていい、というものではないのです。

労働時間とは

労働時間は、原則、週に40時間、1日8時間(法定労働時間)です。

たとえば、会社の就業規則などで決められた所定労働時間が、9時~17時までだった場合、以下のようになります。

9:00 法定労働時間
(8時間)
(9:00~18:00)
所定労働時間
(9:00~17:00)
17:00 法内残業
(17:00~18:00)
左記3つの時間を総称して、
『残業時間』
(17:00~)
18:00 時間外労働
(8時間を超える)
(18:00~)
通常の残業時間
(18:00~)
22:00 深夜残業
(22:00~)

今すぐ相談する!

2 労働時間の定義

労働時間とは

労働時間とは「労働者が使用者に労務を提供し使用者の指揮命令に服している時間」のことです。

労務を提供し、現実の指揮命令に服してさえいれば、実際に作業をしないで待機している時間も労働時間になります。

逆に、たとえ使用者の支配拘束下にあっても労務提供のための現実の指揮命令下になく、労務提供から解放され自由に過ごすことができる休憩時間などは労働時間とはなりません。

わかりやすく言えば、就労のために使用者の現実の指揮命令下にあって、自由に利用できない時間が労働時間ということになります。

労働時間と認められるもの

労働時間と認められないもの

通勤、移動、出張などについての詳細は

 一般通勤時間、寄り道時間などは労働時間に含まれるか?
 出張は、みなし所定労働時間になる
 任意の集合場所利用したときは?
 現場へ直行直帰の通勤時間と労働時間の判断基準

 作業準備・後始末の一般見解と労働時間の判断基準
 始業前の清掃・お茶くみなどの判断基準
 作業準備時間と労働時間の判断基準

今すぐ相談する!

法定労働時間とは?

労働基準法で定められた労働時間の上限のことで、1日8時間、1週間40時間です。
休憩時間は算入されません。

法定労働時間の原則

法定労働時間の例外

常時10人未満の労働者を使用する場合で以下の事業場は、1週間44時間労働が可能な事業所とされます。

法定労働時間が適用されない人

  1. 管理監督者(役職名でなく、業務内容で判断すること)
  2. 機密事務取扱者、
  3. 監視・断続的労働者(守衛・運転手など)、
  4. 農業・蓄産水産業の労働者

以上の人は、法定労働時間が適用されません。(深夜労働については適用)

今すぐ相談する!

関連リンク

休憩時間

拘束時間

作業付帯時間

-通勤時間の判断基準-
一般通勤時間

出張

任意の集合場所利用

現場へ直行直帰

-作業準備・後始末の判断基準-
一般的な見解

始業前の清掃・お茶など

作業準備時間

-特殊な労働時間制度-
変形労働時間

みなし・裁量労働時間

☆労働基準法個別解説一覧☆


CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ