労働どっとネット > 未払い賃金請求 > 会社倒産?!

会社が倒産しそうなときはどうしたら・・・?

会社が倒産しそうなときは、賃金確保のために、みんなで一致団結して会社財産を守りましょう

スポンサーリンク

Step1 倒産したら、給料や退職金はどうなる?

たとえ倒産しても、賃金を受け取る権利(賃金債権)や、使用者が賃金を払う義務(賃金債務)がなくなってしまうわけではありません。法律上の倒産手続きにおいては、給与などの労働債権については、一定の範囲内で優先権がありますが、会社に残された財産によっては、給与の支払が遅れたりカットされてしまう可能性もあります。

賃金については、会社がきちんと倒産手続をすれば、労働者は国から賃金を受け取る手続をとることができます。
>>未払い賃金の立替払制度

今すぐ相談する!

Step2 倒産しそうなとき、何を準備しておいたらいいの?

給料債権が他の債権よりの優先されますが、それでも、倒産前に会社の財産をみんなで守ることは大切です。そして、ひとりひとりの給料を確保するために、自分だけでもできることがあります。

実際に倒産してしまってからでは必要な資料を集めるのは大変です。日ごろから、資料になるものは保管しておくといいですよ。会社に請求する根拠になったり、証拠になります。また、労働基準監督署へ相談するときや、裁判上の手続きをとる際にも必要になります。

今すぐ相談する!

 

給与請求方法

残業代請求方法

ボーナス請求方法

退職金請求方法

時効が過ぎてしまっても

会社倒産時の賃金確保

会社倒産の種類

国の賃金立替払制度

給料が支払われません?

残業代は出ないと言われた

残業代がカットされました

自己都合の退職金カット

賞与支給日に在籍してない

新聞掲載Q&A(サービス残業)

>>今すぐ相談する!

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon