労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 労働時間 > 変形労働時間

変形労働時間

変形労働時間制とは、一定期間によって働き方を変更できる制度です

業務によっては、暇なときもあったり、忙しいときもあります。それを調整することができます。労働者の総労働時間が労働契約の時間を超えた分については、時間外労働として、割増賃金(残業代支払い)の対象になります。

スポンサーリンク
 

Step1 1年単位の変形労働時間

1年単位

季節によって繁閑の著しい業種で実施されます。
以下のことについて労使協定を結び、労働基準監督署に届出が必要です

<<制限>>
1日の労働時間・・・10時間まで
1週間の労働時間・・52時間まで
連続労働日数・・・・6日まで
1週間の労働時間が48時間を超える週は連続3回まで、3ヶ月につき、3回まで

今すぐ相談する!

Step2 1ヶ月単位の変形労働時間

1ヶ月単位

月末や締めの時期など、忙しい時期がある場合に、総法定労働時間を超えない範囲で利用します
総法定労働時間= 40時間×変形期間の暦日数
                          7日

以下のことについて就業規則に記載することが原則です。

今すぐ相談する!

Step3 1週間単位の変形労働時間

1週間単位

実施する週の前日までに各労働者に通知することが原則です。
(労使協定を結び、事前に労基署へ届出が必要です)

<<制限>>
1日の労働時間・・・10時間まで
実施できる業種・・・労働者数30人未満 かつ 小売業・旅館・料理店・飲食店

フレックス制

労使協定を結ぶことが必要です
コアタイム:必ず働かなくてはいけない時間帯
フレキシブルタイム:労働者の自由。1ヶ月を上限に清算

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

スポンサーリンク

関連リンク

労働時間とは

休憩時間

拘束時間

作業付帯時間

-通勤時間の判断基準-
一般通勤時間

出張

任意の集合場所利用

現場へ直行直帰

-作業準備・後始末の判断基準-
一般的な見解

始業前の清掃・お茶など

作業準備時間

-特殊な労働時間制度-
変形労働時間

みなし・裁量労働時間

☆労働基準法個別解説一覧☆

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon