労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 労働時間 > 拘束時間

拘束時間

拘束時間は、労働時間とされるのでしょうか?

 

Step1 拘束時間と労働時間

労働基準法には拘束時間という言葉はありません。拘束時間とは、あくまで事実上のもので、一般に労働者が事業場の構内に入ってから構外に退出するまでの時間を言います。

労働時間と休憩時間を足したものが拘束時間となりますが、休憩時間であっても使用者の拘束に服している時間であることから、これらの時間を拘束時間と言います。

<通勤時間>

通勤途上は、労働者は使用者からの拘束を受けません。したがって、通勤時間は業務遂行性が認められないため労働時間になりません。このため、通勤途上の災害は業務災害とはなりませんが、労務提供準備行為という面から考えて、労災保険上は通勤災害として給付対象とされています。

<休憩時間>

労働基準法上、使用者は労働時間の途中には一定の休憩時間を与えなければなりません。 この休憩時間は、労働者が労働から離れることを権利として保障されている時間であり、労働者にとって自由に使える時間です。 しかし、休憩時間中であっても、社内の風紀を乱すことを禁止されたり外出についてある程度の制限を受けたりすることもあるため、労働時間とはなりませんが拘束時間ということになります

内容証明作成の相談は今すぐ!

関連リンク

労働時間とは

休憩時間

拘束時間

作業付帯時間

-通勤時間の判断基準-
一般通勤時間

出張

任意の集合場所利用

現場へ直行直帰

-作業準備・後始末の判断基準-
一般的な見解

始業前の清掃・お茶など

作業準備時間

-特殊な労働時間制度-
変形労働時間

みなし・裁量労働時間

☆労働基準法個別解説一覧☆


CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼人気記事
 アクセスランキングTOP10

産休(産前産後休暇)について

残業代・時間外労働について

解雇予告期間と解雇予告手当て

労働基準法わかりやすく逐条解説
第1章 総則(労働条件の原則、決定、均等待遇、賃金、禁止事項、ことばの定義)

労働時間決まりごと

現場へ直行直帰の労働時間の判断基準

育休(育児休暇・育児休業)の決まりごと。~育児介護休業法

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日)

賃金(給与・給料)の原則、緊急時請求

労働基準法わかりやすく逐条解説
第4章 労働時間、休憩、休日、年次有給休暇

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ

amazonで購入する