労働どっとネット > 労働契約法 > 元になった最高裁判例 > 陸上自衛隊事件

川義事件(最高裁昭和59年4月10日)

労働契約法の、安全配慮についての元になった判例です。
会社には安全配慮義務の違背に基づく損害賠償責任があるとされた判例です

スポンサーリンク

Step1 事件の概要と訴え

宿直勤務中の従業員が強盗に殺害された事件で、会社に安全配慮義務の違背に基づく損害賠償責任求めて訴えを起こしました。

今すぐ相談する!

Step2 判決と解説

雇用契約は、
(労働者)・・・労務提供をする
(使用者)・・・報酬支払いをする

という基本内容の双務有償契約ですが、通常、労働者は、使用者の指定した場所に配置され、使用者の供給する設備、器具を用いて労務提供を行うものだから、使用者は労働者に対し、安全配慮義務を負っていると解するのが相当である。

ここでいう安全配慮義務とは

労働者が労務提供のため設置する場所、設備もしくは器具等を使用し、又は使用者の指示の元に労務と提供する過程において、労働者の生命および身体等を危険から保護するよう配慮するべき義務のこと

この安全配慮義務の具体的内容は、労働者の職種、労務内容、労務提供場所等具体的状況によって異なることは言うまでもない。

会社は、午前9時から24時間の宿直勤務を命じ、宿直勤務の場所を社屋内、就寝場所を同じ社屋内の1階商品陳列場と指示したのだから、そこに強盗が簡単に入れないような設備を施し、万が一強盗が侵入してきたときにそなえて、危害を受けないですむような設備を設け、設備設置が無理なら宿直員を増員したり安全教育を行うなどして、労働者の生命・身体に危険が及ばないように配慮する義務があった

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

  関連リンク

-安全配慮について-
陸上自衛隊事件

川義事件

-就業規則法的性質について-
秋北バス事件

電電公社帯広局事件

日立製作所事件

-就業規則変更の効力について-
大曲市農協事件

第四銀行事件

みちのく銀行事件

-就業規則周知について-
フジ興産事件

-解雇権濫用について-
日本食塩製造事件

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon