労働どっとネット > セクハラ対処法 > 労働局の告示(通達)

セクハラに関する労働局の告示(通達)

労働局からセクハラ防止・解決のために事業者がすべき内容の通達が出ています

Step3 労働省告示

平成10年3月31日 労働省告示第20号
~事業主が配慮しなければならないこと

  1. 事業主は、セクハラに対する方針の明確化及びその周知・啓発をしなければなりません

例えば・・・・

  1. 被害者の相談・苦情への対応のための窓口を明確にしておき、その内容・状況に柔軟に対応すること

窓口を明確にしておく例は・・・・

柔軟に対応する例は・・・・

  1. セクハラが起きた場合に事実関係を迅速かつ正確に把握し、適切な対応をすること

事実関係を把握する例は・・・・

適正に対処する例は・・・

その他

セクハラに関する、プライバシーの保護をすること。そして、保護することを女性に知らせておくこと

セクハラの被害を相談し苦情を述べたことによって、不利益な扱いを受けないようにすること。そして、不利益な扱いをしないということを女性に知らせておくこと

今すぐ相談する!

関連リンク

具体的セクハラ対処法

セクハラの法律

労働局指針(通達)

セクハラ勝訴判例1

セクハラ敗訴判例

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon