労働どっとネット > セクハラ対処法 > セクハラの法律

セクハラに関する法律・セクハラの種類

セクハラの種類と、慰謝料請求根拠の基になる法律

セクハラは、「受け手がそう思えば、そう。」というものですが、やっぱり、訴えたり、慰謝料請求をするにあったって、法的根拠や判例など、知っておくことが重要です。証拠・証人・日々のメモ書きとともに、正しい知識を得ておきましょう。

スポンサーリンク

Step1 セクハラの種類

対価型セクハラ

セクハラに対して拒否したり、抗議をしたときに、会社を退職させられたり、不当な配置転換や減給、降格処分を受けることなどです。

実際に、このようなことが行われても、その理由はセクハラ拒否とは関係のないところにあるということを言われてしまう可能性が高いため、被害者は泣き寝入りをしてしまう場合があります。

環境型セクハラ

性的発言が多く、余りに不快なため、仕事に集中できなくなることなどです。

今すぐ相談する!

Step2 セクハラの法律は?

男女雇用機会均等法第21条

  1. 事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する女性労働者の対応により当該女性労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該女性労働者の就業環境が害されることのないよう雇用管理上必要な配慮をしなければならない。
  2. 厚生労働大臣は、前項の規定に基づき事業主が配慮すべき事項についての指針を定めるものとする。

民法第715条「使用者責任」 第719条「共同不法行為」

  1. 会社は仕事上で社員が第3者に与えた損害を賠償する責任があります。また、連帯して責任を負います。

今すぐ相談する!

関連リンク

具体的セクハラ対処法

セクハラの法律

労働局指針(通達)

セクハラ勝訴判例1

セクハラ敗訴判例

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon