労働どっとネット > それぞれの権利義務 > 労働者の権利と義務

労働者の権利と義務

労働者には、どのような権利があるのでしょうか?
労働契約に基づいて働く「労働者」としての権利や義務を見てみましょう。

  1. 労働者の権利
  2. 労働者の義務

労働者(従業員など)の権利

労働三権と労働三法

労働3権とは、日本国憲法第28条で労働者の権利として認められている、「団結権」「団体交渉権」「団体行動権」のことです。

労働三法とは、「労働基準法」「労働組合法」「労働関係調整法」のことで、労働者を守るための基本的な法律のことです。

1 2 3 。

労働者の権利

  1. 労働基準法・労働協約・労働契約・就業規則などに基づいて、会社に提供した時間や労働力に対する賃金を受け取る権利があります。有給休暇、保険加入などそれぞれに法律に基づいて要求することができます
  2. 労働者には、経営会社財産の処分に対する権利はありません。そのかわり、働いた賃金は他の債権よりも優先して支払いを受けることができる『先取特権』という権利があります。

内容証明作成の相談は今すぐ!

労働者(従業員など)の義務

労働契約、就業規則を守って、会社の為に働く義務があります。

その他、会社の取り決め(就業規則など)がありますが、これらが、労働基準法に反している場合(労働基準法よりも労働者にとって条件が悪い場合)は、その、法に反している条項は無効になります。

誠実に労働をする義務

就業規則を守り、労働契約に基づいた労働を提供する義務があります。自分のやりたくない仕事だからといって、出勤して他業務を行っていても、それは「労働を提供する」ことにはなりません。

判例でも、労働契約上「外勤営業」であるにもかかわらず、外勤を拒否して内勤をしていた場合、「債務の本旨に従った労務を提供したとはいえない」としています。


関連リンク

株主・社長・労働者の関係

株主の権利義務

経営者の権利義務

労働者の権利義務

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼人気記事
 アクセスランキングTOP10

産休(産前産後休暇)について

残業代・時間外労働について

解雇予告期間と解雇予告手当て

労働基準法わかりやすく逐条解説
第1章 総則(労働条件の原則、決定、均等待遇、賃金、禁止事項、ことばの定義)

労働時間決まりごと

現場へ直行直帰の労働時間の判断基準

育休(育児休暇・育児休業)の決まりごと。~育児介護休業法

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日)

賃金(給与・給料)の原則、緊急時請求

労働基準法わかりやすく逐条解説
第4章 労働時間、休憩、休日、年次有給休暇

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ

amazonで購入する