労働どっとネット > それぞれの権利義務 > 株主の権利と義務

株主の権利と義務

株主には、どのような権利があるのでしょうか?
中小企業では、社長(やその親族)が会社のすべての株を所有していることが多く、株主=社長という図式になる場合もありますが、「株主」としての権利や義務を見てみましょう。

スポンサーリンク

Step1 株主(社員)の権利

株主の権利

  1. 経営に参加できる(公益権)。株主総会などでその株式の持分に応じて議決権を行使することが出来ます
    ⇒総会招集請求、役員解任請求、帳簿閲覧権などがあります。
  2. 利益の分配を受けることができる(自益権)。利益を享受するために会社の財産に対して請求権をもちます
    ⇒ 利益配当請求権、倒産後の残余財産分配請求権など。
  3. その他、優待制度
    ⇒株主優待として、配当時期などに、会社のサービスを無料や割引で受けられたり、商品などを受け取ることができる場合があります。

今すぐ相談する!

Step2 株主(社員)の義務

株主の義務

  1. 出資すること

株主の権利=義務ではありませんので、総会に出席しなければならない、とか、帳簿閲覧をして会社の経営を監視しなければならないということはありません。

今すぐ相談する!

関連リンク
 

株主・社長・労働者の関係

株主の権利義務

経営者の権利義務

労働者の権利義務

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon