労働どっとネット > それぞれの権利義務 > 経営者の権利と義務

経営者(社長など)の権利と義務

経営者には、どのような権利があるのでしょうか?
中小企業では、経営者(やその親族)が会社のすべての株を所有していることが多く、経営者=株主という図式になる場合もありますが、「経営者」としての権利や義務を見てみましょう。

スポンサーリンク

Step1 経営者(社長など)の権利

経営者の権利

  1. 会社の経営方針や規則などを決めます(取締役会などで)

今すぐ相談する!

Step2 経営者(社長など)の義務

経営者の義務

  1. 決まったことは議事録に残し、労働者の権利を守りつつ、株主のための利益追及をするため、経営の舵取りをしなければなりません。
  2. 労働者の権利を守るために、労働基準法にのっとった経営、規則や協定を定める必要があります。

給与を労働者に支払うことや取引先に債務の支払いをすることは「会社」の義務です。役員である社長や取締役が個人財産を投げうってまで、従業員への賃金を支払わなければならないということではありません。(個人連帯保証をつけた場合や、無限責任会社(合資会社や合名会社など)は、賃金支払いの責任があります)

今すぐ相談する!

関連リンク
 

株主・社長・労働者の関係

株主の権利義務

経営者の権利義務

労働者の権利義務

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon