労働どっとネット > 東北地方太平洋沖地震・計画停電等に伴う労働対応 > 事業所が被災した場合の休業

地震の影響で事業所が使えなくなった場合の休業

スポンサーリンク  

原則、休業手当を支払う必要はない

労働基準法26条で、休業手当を支払わなければならない場合として、「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合には、使用者は休業期間中の休業手当(平均賃金の60%以上)をしはらわなければならない」と、規定されています。

ですから、今回の地震・津波・原子力発電所の事故など天災事変の影響で事業所が被害を受け、利用できない状態になっている場合は、使用者の責に帰すべき事由には当たりませんから、休業手当を支払う必要はありません。

天災事変等とは

  1. その原因が事業の外部より発生した事故であること
  2. 事業主が通常の経営者として最大の注意を尽くしてもなお避けることのできない事故であること

という2つの要件を満たすものとされています。

内容証明作成の相談は今すぐ!

例外として休業手当を支払う場合

(例外)

法律では、休業手当を支払う必要はない、とされていますが、個別に、就業規則や労働協約、労働契約、労使慣行などで、理由のいかんを問わず休業手当の支払をすることとなっている会社の場合は、就業規則等が優先され、休業手当の支払義務が発生することになります。

>>休業手当を支給することとなった場合、助成金を受け取れる可能性があります

内容証明作成の相談は今すぐ!

関連リンク

地震で事業所閉鎖休業

計画停電で休業

取引先・流通被害で休業

休業手当に助成金が出る

雇用保険失業給付の特例

労災保険の給付


CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼人気記事
 アクセスランキングTOP10

産休(産前産後休暇)について

残業代・時間外労働について

解雇予告期間と解雇予告手当て

労働基準法わかりやすく逐条解説
第1章 総則(労働条件の原則、決定、均等待遇、賃金、禁止事項、ことばの定義)

労働時間決まりごと

現場へ直行直帰の労働時間の判断基準

育休(育児休暇・育児休業)の決まりごと。~育児介護休業法

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日)

賃金(給与・給料)の原則、緊急時請求

労働基準法わかりやすく逐条解説
第4章 労働時間、休憩、休日、年次有給休暇

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ

amazonで購入する