労働どっとネット > 内容証明~法的手続き > 裁判所での手続き(調停・支払督促の申立・少額訴訟)

法的手続き(調停・支払督促の申立・少額訴訟)

私的な話合いではどうにもできない場合・・・ 納得できない場合・・・

スポンサーリンク  

Step1 調停

調停は裁判所が当事者の間に入って、話し合いで、解決を目指す制度です。

調停を申し立てるには調停申立書を、相手の住所を管轄する簡易裁判所に提出します。(双方の合意があれば、他の簡易裁判所でも出来ます) 裁判官や調停委員と机を囲んで話し合いますが、だいたいは片方ずつの言い分を聞く事からスタートします。話し合いがまとまると、調停調書が作られますが、これは、判決と同じ効力があります。
(詳しくは 内容証明研究会・調停について

内容証明作成の相談は今すぐ!

Step2 支払督促の申立

簡易裁判所に支払督促申立書を提出し、裁判所から支払命令をだしてもらうものです。

これは、略式裁判で簡裁は申立書に不備がなければ、あなたの言い分を聞くだけで支払命令を下します。支払命令が出てから2週間以内に相手が異議申し立てをしなければ、それから、30日以内に仮執行宣言の申立を行います。そうすると、簡裁はこれを受けて、強制執行に移ります。異議申し立てがあると、訴訟に移っていきます。
(詳しくは内容証明研究会・支払督促について

内容証明作成の相談は今すぐ!


関連リンク

内容証明郵便とは?

労働基準監督署・労働局

法的手続(調停・支払督促)

法的手続(裁判)


CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼人気記事
 アクセスランキングTOP10

産休(産前産後休暇)について

残業代・時間外労働について

解雇予告期間と解雇予告手当て

労働基準法わかりやすく逐条解説
第1章 総則(労働条件の原則、決定、均等待遇、賃金、禁止事項、ことばの定義)

労働時間決まりごと

現場へ直行直帰の労働時間の判断基準

育休(育児休暇・育児休業)の決まりごと。~育児介護休業法

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日)

賃金(給与・給料)の原則、緊急時請求

労働基準法わかりやすく逐条解説
第4章 労働時間、休憩、休日、年次有給休暇

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ

amazonで購入する