労働どっとネット > 派遣労働 > 派遣Q&A > Q&A1

派遣Q&A 契約期間中の解雇

Q1 契約期間中に派遣先から解雇だと言われてしまいました

契約期間中に派遣先から解雇だと言われてしまいました‥契約期間はまだ残っているのに、言われるがまま辞めなければならないのでしょうか?補償はないのでしょうか?

派遣先から解雇だと言われたとしたら、それは派遣契約の解除のことです。すぐに、派遣元の派遣責任者に相談してください。 派遣契約を解除されても、派遣社員と派遣元との雇用契約が解除されるわけではありません。

あなたに責任がないのに、派遣先の都合で契約解除される場合には、派遣は、次の仕事をすぐに紹介するか、休業補償(平均賃金の6割以上の休業手当)を出さなければなりません。

また、どうしても次の仕事が見つからない場合、派遣元は、その30日前までに解雇を予告するか、解雇予告手当てとして30日分以上の賃金を支払うことが必要とされています。このような場合、派遣元は派遣先に対して損害賠償の請求をすることができます。

また、どうしても途中解約に納得できない場合、契約不履行として民事訴訟を起こせば、残存期間の賃金の全額を支払ってもらえる可能性もあります。 派遣社員でも、解雇予告手当てはもらえます。正社員と同じ扱いです。 派遣元が派遣社員を解雇する場合は、少なくとも30日前の予告または30日分以上の賃金(解雇予告手当て)の支払いをしなければなりません。

ただし、2ヶ月以内の期間を定めて使用される者(所定の期間を超えて引き続き使用される者を除く)には、この解雇予告手当の制度は適用されません。 正社員と同じように、自分の権利(雇用保険や残業代請求など)主張は、内容証明郵便でするようにしましょう。


関連リンク

派遣労働契約とは

派遣元の義務責任

派遣先の義務責任

派遣トラブルの相談先

紹介予定派遣

-派遣Q&A-
派遣契約中の解雇は?

派遣契約中の退職は?

仕事内容が違うが?

一般派遣?特定派遣?

派遣先でセクハラ

残業代請求はどこに?


CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼人気記事
 アクセスランキングTOP10

産休(産前産後休暇)について

残業代・時間外労働について

解雇予告期間と解雇予告手当て

労働基準法わかりやすく逐条解説
第1章 総則(労働条件の原則、決定、均等待遇、賃金、禁止事項、ことばの定義)

労働時間決まりごと

現場へ直行直帰の労働時間の判断基準

育休(育児休暇・育児休業)の決まりごと。~育児介護休業法

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日)

賃金(給与・給料)の原則、緊急時請求

労働基準法わかりやすく逐条解説
第4章 労働時間、休憩、休日、年次有給休暇

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ

amazonで購入する