労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 懲戒処分や解雇 > 解雇について

解雇について

労働基準法では解雇のルールがあります。また、平成19年に労働契約法が施行されたことにより、解雇については労働契約法でも規定されています

Step1 解雇ルール

解雇について

業務災害によって休業した者や、出産前後に休業している女性を解雇することは禁じています(第19条)が、30日前に解雇予告をするか、突然解雇をしても解雇予告手当を支払えば、原則として解雇することができるとされていました。

そのため、解雇を言い渡され、解雇予告手当て等を受け取った労働者は退職を余儀なくされています。もし、自分の解雇理由に納得できない場合は、裁判で争わなければなりません。

平成16年労働基準法の改正

長引く不況のもと、解雇をめぐる紛争は増加しています。そこで、「解雇権の濫用」を防ぐため「解雇ルール」が平成16年の労働基準法の改正で規定されました。

「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、 その権利を濫用したものとして無効とする。」労働基準法第18条の2

 これは、最高裁の判例を法律に明文化したもので、解雇権の濫用を予防することを目的としています。さらに、会社の就業規則に解雇理由を具体的に明記することが義務付けられました。

 また、解雇を予告された労働者は、予告がされた日から退職の日までの間に、使用者に対し、解雇の理由についての証明書を請求できることになりました。

  以前は、不当解雇の問題に関して行政はなかなか動いてくれませんでしたが、この法改正により、解雇の理由について労働基準監督署は企業に対して介入することができるようになりました。

それでも

現実は厳しく、不当解雇を無効とし、撤回させることは難しいままです。

今すぐ相談する!

Step2 労働契約法

平成19年11月労働契約法の成立

解雇ルールについての条文労働基準法18条2を削除し、労働契約の締結や解除について定められた労働契約法が成立しました。 

>>労働契約法ダイジェスト 
>>労働契約法条文

納得できない解雇を命じられた場合の対処法・会社との戦い方については
→ 不当解雇対処法のページへ

今すぐ相談する!

関連リンク

解雇ルール

整理解雇の4要件

解雇予告手当て

懲戒処分(減給降格等)

不当解雇の対処法


CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ