労働どっとネット > 内容証明〜法的手続き > 内容証明の書き方

内容証明の書き方

スポンサーリンク

その1 内容証明の書き方

内容証明郵便は、お手紙ではありますが、いろいろな規制があります。以下の点に気をつけて書けば、OK!

字数・行数

26行以内・1行は20文字以内
どんな紙に書いても、縦書き、横書き、どちらでもOKです。
”以内”ですので、20行でも、1行18文字でも、もちろんいいです。

ワープロで作成するときは、26行19文字で、書式設定するといいです。
なぜって、行の最後に句読点がくると、もし、20文字で設定してると、
「。」や「、」は21文字目になってしまいますからね。
句読点や記号も1文字として数えます。

部数

3部同じモノを用意して下さい。コピーでもいいし、プリントアウト、カーボン、なんでもOK!

使える文字

漢字・仮名・数字のみです。
ただし、英字の固有名詞(商品名や車の型式など)は、OK。
括弧、句読点、一般的な記号(+、%)も使えますが、これらも、1文字として数えます。

訂正・修正

訂正したり、削除したい文字は判読できるように線を引き、該当箇所の上欄に「3字訂正」 「1字加入」のように書いて、印を押します。

年月日・住所・氏名

文章中に必ず、作成年月日、差出人住所・氏名、 受取人住所・氏名を書きます。

差出人氏名の下(横書きなら右)に、捺印します。認印でOK。
訂正した際の印と同じモノを押します。

今すぐ相談する!

内容証明郵便とは?

メリット・デメリット

内容証明の書き方

内容証明の出し方

内容証明紛失時の対処

内容証明送付後の対処

労働基準監督署・労働局

法的手続(調停・支払督促)

法的手続(裁判)

内容証明作成の流れ

>>今すぐ相談する!

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明〜法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon