労働どっとネット > セクハラ対処法 > 具体的セクハラ対処法

具体的セクハラ対処法

実際にセクハラトラブルを解決するには、具体的に動いていかなければなりません

スポンサーリンク

Step1 第三者機関に相談

自分だけで解決できない場合は、即解決できるの可能性のある、相談できる第三者に相談してみましょう。

ここまでで、プライバシーが守られることは必須です。もし、あなたが相談されたときも秘密厳守してください。性的噂は尾ひれがつきやすく、問題が解決しても、噂が広まっていたために、職場に戻りにくくなり辞めざるを得ない場合が少なくありません。

相談は、第三者機関である、会社、派遣社員であれば派遣元担当者、労働局、法律家など専門家にしましょう。

今すぐ相談する!

Step2 内容証明で事実を伝える

会社はセクハラを防止したり、解決する義務があります。会社や、学校に対して内容証明郵便を送って解決してもらいましょう。

また、社員がみな、セクハラに対して非協力的な場合や、社長が加害者である場合もあります。セクハラがあり、その防止を求めたという証拠としても、内容証明を会社宛に送っておきましょう。

会社には、セクハラに対し、十分な配慮をしなければならないとされています。労働省からの指針を参考にしてください。

もちろん、加害者本人にも、慰謝料を求める内容証明を送りましょう。

今すぐ相談する!

Step3 法的手段に訴える

内容証明を送っても解決しなかった場合には、労働局に申立をしたり、裁判に持ち込みます。セクハラをめぐる裁判は全国各地で提訴されています。使用者責任が認められたり、女性が被害にあったときに、大きな声をあげたり、逃げたりしなかった(できなかった)場合でも、勝訴している裁判があります。

裁判になると弁護士に依頼することになりますが、今後の被害者を出さないためにも、泣き寝入りせずに、戦ってみてください

>> セクハラの法律通達はこちら

セクハラの慰謝料請求は、場合によって、100万円〜300万円ほど認められています。

>> セクハラ被害者勝訴判決 >> セクハラ被害者敗訴判決

今すぐ相談する!

 

セクハラ証拠集め

具体的セクハラ対処法

セクハラの法律

労働局指針(通達)

セクハラ勝訴判例

セクハラ敗訴判例
-セクハラQ&A-
セクハラ対象行為

上司のセクハラが苦痛です

新聞掲載Q&A(職場のセクハラ)

>>今すぐ相談する!

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明〜法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon