労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 請求ダイジェスト > 解雇の知識

解雇された時のための、労働基準法ダイジェスト

解雇された時のために必要な、労働基準法の知識!!

これから、会社相手に戦うわけですから、自分には、どんな権利があるのか、何を要求できて、何は要求できないのか、知っていなければいけません。

スポンサーリンク

Step1 解雇の知識

労働者を守るため、解雇をすることには、多くの制約があります。
もっと詳しい説明はこちら >> 解雇について労働基準法個別解説

普通解雇

懲戒解雇

整理解雇

誰もが納得できるような理由でなければ、解雇権の濫用にあたり、解雇無効になります。人員削減をしなければ経営が立ちゆかない、倒産の恐れがあるという状態でなければならないということです。

また、整理解雇を避けるために、これまでに、新卒者の採用停止、役員、社員の賃金カットなど、経営努力を行っていることが必要です。社員を解雇するには整理解雇の4要件をのうち、ひとつでも欠いたら、それは、解雇権の濫用として、解雇は無効になります。

整理解雇の4要件

  1. 整理解雇の必要性
    解雇しなければらないのか。
  2. 解雇回避の努力
    他の方法で経営を立ちなおらせることはできないのか。
  3. 整理基準と人選の合理性
    客観的資料が存在すること。評価者の主観に左右されないこと。全社員を対象としている。
  4. 労働者との協議
    解雇される本人と協議をしたか。

解雇予告

従業員を解雇するにあたっては、30日前までに、解雇予告をしなければなりません。または、30日分以上の解雇予告手当を支払うことが義務づけられています。

解雇予告手当=平均賃金×(30日−解雇予告期間)

もっと詳しい説明はこちら
   >> 解雇予告手当てについて労働基準法個別解説

退職勧奨

正式な解雇通告でない、退職勧奨は、拒否できます。
退職勧奨されたときの対処法はこちら
   >> 不当解雇に立ち向かう。退職するなら良い条件で

退職強要

退職勧奨が度をすぎてくると、退職強要と呼ばれます。違法行為です。

今すぐ相談する!

 

請求ダイジェスト

賃金の知識

残業代の知識

ボーナスの知識

退職金の知識

解雇の知識

労働契約について

賃金について

残業時間・残業代

労働時間について

休日・休暇(有給/産育介護)

退職・退職金

解雇・懲戒処分

業務命令(転勤出向)

適用除外(家政婦など)

>>今すぐ相談する!

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明〜法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon