労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 賃金について > 賞与(ボーナス)とは

賞与(ボーナス)

ボーナスは、会社の裁量できまります。でも・・・

スポンサーリンク

Step1 賞与(ボーナス)が賃金として扱われる場合

就業規則・労働協約などで、支給条件・支給率・支給日が決められていれば、「法律上も、賃金として認められる」のです。

それから、毎年もらっているものであれば、慣行が成立しているとみなされ、請求することができます。

今すぐ相談する!

Step2 会社の裁量権

支給日前に退職してしまうと、ボーナス算定期間には勤めていたとしても、支払われない場合があります。

賞与(ボーナス)については、法による定めはありませんから、会社が決めます。ただ、ボーナス日前に突然解雇される場合にも、このようなことがまかりとおることは、許されないでしょう。日割りで請求してみましょう。

今すぐ相談する!

関連リンク

賃金支払原則・請求

最低賃金とは

平均賃金の算出

年俸制とは

賞与(ボーナス)

☆労働基準法個別解説一覧☆

賃金・残業代等未払いの対処法

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon