労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 退職、退職金 > 期間終了による退職

期間終了による退職

ある期間がくることによって発生する退職についての決まり事です

スポンサーリンク

Step1 契約期間終了退職、休職期間終了退職、定年退職

契約期間終了退職

期間定めのある契約の期間が終了した場合です。通常は3ヶ月前までに、期間終了後の契約更新がないことを伝えられます。

休職期間終了退職

傷病などで休業していた人が、その休業期間が過ぎても職場復帰できない場合に退職することです。就業規則で、その期間は決めておく必要があります。通常は6ヶ月~2年です。

定年退職

定年制は会社の自由ですが、就業規則に定年年齢の記載をしなければなりません。もちろん、男女で異なる定年にすることはいけません。それから、60歳以上でなければいけません(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)。 

今すぐ相談する!

Step2 死亡、行方不明

死亡

 労働者が死亡した場合です。死亡原因によっては、労災の対象となる場合もあります。

行方不明

 一定期間行方不明になった場合も、退職になります。。

今すぐ相談する!

関連リンク

自己都合退職

期間到来の退職

退職金

☆労働基準法個別解説一覧☆

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon