労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 労働契約 > 試用期間中

試用期間中の労働者

試用期間中の身分が不安定では、安心して仕事ができませんね。

スポンサーリンク

Step1 試用期間は就業規則で定める

会社に入社すると、最初の2,3ヶ月間は試用期間だよ。と言われる場合があります。基本的には、労働条件・権利義務に関しては、正社員と同じです。

試用期間(就業規則で定める)

  1. 2~3ヶ月くらい。期間を定めないことは許されない。また、1年を越えるのも×。
  2. 試用期間を設けるかどうかは会社の自由です
  3. 退職金の適用期間に含めるかどうかも、会社の自由です
  4. 試用期間は短縮することもできます

今すぐ相談する!

Step2 試用期間を延長する条件

試用期間を延長するときの必須条件

会社が休業していたり、本人が長期休暇・欠勤が多い場合で、以下の条件にあてはまる場合です。

  1. 就業規則に試用期間の延長についての定めがある。又は、試用期間の延長が慣行となっている
  2. 労働者本人が期間延長を同意
  3. 延長期間が定められている
  4. 労働者の適性に疑問がある

今すぐ相談する!

Step3 本採用を拒否していい場合

  1. 勤務成績が悪すぎる場合
    無断欠勤・遅刻、協調性の欠如、能力が低く仕事ができない
  2. 虚偽申告
    提出書類・採用面接時にウソをついていた。その程度が重大
  3. 会社が経営不振
    正社員を解雇しなければならなくなった

※試用開始から15日以上経っていたら、解雇予告の対象になります。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク
 
関連リンク

労働契約・条件

内定の取り消し

試用期間中の身分

損害賠償と身元保証

契約期間と終了

☆労働基準法個別解説一覧☆

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon