労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 労働契約 > 内定の取り消し

内定の取消し

一度出した内定の取消しは会社の都合で自由に撤回できるのでしょうか?

スポンサーリンク  

Step1 内定取り消しの正当理由

「内定=労働契約の成立」です。ですから、「内定の取消=労働契約の解除」ということになります。

会社からの内定取消は、合理的で正当な理由がなければ、いけません。しかし、実際に労働しているわけではないので、通常の解雇理由より、ゆるやかな理由でも、解除が認められています。内定は、解除権留保付労働契約であるといえます。また、内定取消をされた場合に、解雇予告手当ての請求はできません。

会社からの内定取消の合理的・正当な理由とは?

  1. 会社が経営不振になり、既存の従業員を解雇しなければならなくなった
  2. 学生が留年した
  3. 刑事事件等の犯人として逮捕された
  4. 労働者の経歴詐称が判明した
  5. 労働者が病気になって、会社の業務を遂行できないと判断した

など。です

内容証明作成の相談は今すぐ!

Step2 内定取り消しについての最高裁判例

(昭和54年7月20日最高裁判例)

「採用内定の取り消し事由は、採用内定当時知ることができず、また知ることが期待できないような事実であって、これを理由として取り消すことが解約権留保の趣旨、目的に照らして、客観的に合理的で社会通念上相当として是認できるものに限られる

内容証明作成の相談は今すぐ!

Step3 労働者から内定辞退したい場合は?

労働者から内定辞退をすることは、

自由です。但し、2週間の予告期間が必要です。(これは、通常の期間定めのない労働契約の解除と同じです。なるべく、正式採用日の2週間以上前には会社に通知しましょう)

内容証明作成の相談は今すぐ!

スポンサーリンク

関連リンク

労働契約・条件

内定の取り消し

試用期間中の身分

損害賠償と身元保証

契約期間と終了

☆労働基準法個別解説一覧☆


CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼人気記事
 アクセスランキングTOP10

産休(産前産後休暇)について

残業代・時間外労働について

解雇予告期間と解雇予告手当て

労働基準法わかりやすく逐条解説
第1章 総則(労働条件の原則、決定、均等待遇、賃金、禁止事項、ことばの定義)

労働時間決まりごと

現場へ直行直帰の労働時間の判断基準

育休(育児休暇・育児休業)の決まりごと。~育児介護休業法

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日)

賃金(給与・給料)の原則、緊急時請求

労働基準法わかりやすく逐条解説
第4章 労働時間、休憩、休日、年次有給休暇

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ

amazonで購入する